簡易仮設道路資材『プラロード』

カタログ

ダウンロード
プラロードリーフレット表面.pdf
PDFファイル 940.5 KB

ダウンロード
プラロードリーフレット裏面.pdf
PDFファイル 797.3 KB



プラロード工法

 従来、水田・畑などの平地における鉄塔・送電線工事、土木工事などにおいては、山砂や砕石で路盤を構築していました。この従来工法は運搬、敷均し、締固め等多くの時間と労力、コストを要するとともに供用中の維持管理、撤去後の原状復帰と多くの課題もありました。

「プラロード工法」は敷設・撤去が容易で、山砂の敷均し、締固め作業が不要となるため工期を大幅に短縮することができます。また搬入・搬出車両台数、重機作業が減るため、CO²排出量も大幅に削減することができます。材質には再生ポリプロピレンを使用しており、使用後も再利用可能で環境にやさしい仮設道路を構築することができます。

プラロード構成部材

 

 

 

 

 

フルサイズ

寸法(㎜) 994×994×H180

質量(kg) 6.5

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフサイズ

寸法(㎜)  994×494×H180

質量((kg) 3.3


 

スペーサー

寸法(㎜) 993×246×H45

質量(kg) 1.4


※その他必要資材

・土木シート:引張強度:200N/cm以上(1000N/5cm以上)

・敷鉄板:5×20 t=22㎜


適用可能な範囲

・N値1以上の平地

・鉛直方向許容荷重90kN/㎡ 範囲内

・自動車荷重T-25まで

特に効果の高い適用範囲

・水田・畑等の軟弱地盤

・速やかな設置撤去、原状復帰が必要とされる場合


特長

  1. フルサイズ、ハーフサイズ、スペーサーの3つの部材のみで構成。接続部材不要
  2. 軽量・簡単・人力施工
  3. 高耐荷重設計 鉛直方向許容応力90kN/㎡
  4. 減容化し運搬可能。運搬台数を大幅に削減
  5. 再生PPを主原料とし供用後のリユース・再資源化が可能。

プラロードによる効果

1.工期短縮

軽量、簡単。人力でスピーディな施工が可能。設置約50㎡人/日、撤去約70㎡人/日 ※標準2段積(H=0.2925m)の場合。

敷均しや締固め作業も不要となるため工期を60%短縮することができます。※山砂を用いた盛土式仮設道路工法600㎡との比較

2.原状復帰が容易

軽量で地盤の圧密沈下が少ないため撤去後の原状復帰が容易となります。

重機による撤去作業の時間が大幅に減。残土の飛散や流出の問題も無くなります。

3.リスクを未然に防止・地権者様への提案

 土砂を使用しないため撤去後の残土等によるトラブルを未然に防ぐことができます。

また土砂への抵抗がある地権者様に対しての提案で問題を回避することができます。


 ※プラロード撤去後

4.コスト削減

10tトラック1台で土砂換算約97㎥(標準的な2段積施工H=約0.293mで計算)を運搬可能。重量も6t未満と軽量なため、燃料消費を大幅に抑えることができます。また人力施工のため締固・整形の重機作業も不要。搬入出時の積込・運搬燃料消費も少なく環境負荷を大幅に低減します。

5. co²排出量削減

 敷均し、締固め、撤去等の重機作業が大幅な低減と減容化による運搬で車両台数 を削減により、CO²の搬出量を大幅に削減することができます。


用途

軟弱地盤 :軽量で軟弱地盤に最適です。生態系にも影響を与えることがなく、水田、砂浜、環境保護地域にも使用

                       頂けます。

 

仮設ヤード:臨時駐車場や現場事務所、仮設トイレ等設置スペースがない場合でも必要なときに必要な分だけ設置が   

         可能です。

 

特殊形状 :最小1m幅~大規模な施工が可能です。特殊な形状の土地や基礎杭の周辺を口の字型に囲むような施工

      1m幅×100mといった細長い施工など柔軟に設置が可能です。

 

建築工事 :建築工事の基礎梁間に利用することで、資材置き場や搬入路を構築することができます。